【擬似体験動画とは?】お客様に見てもらいやすい動画コンテンツのヒント大公開!

みなさま、こんにちは!
アトムストーリー の新井です。

コロナ化で様々な機会で「対面」という方法が難しくなりました。
営業や接客においても、なかなかお客様と顔を合わせてお話しする機会が
減ったのではないでしょうか?

そんな状況下だからこそ、お客様と顔を合わせずとも
商品やサービスの価値を伝えられるツールをお探しの方が増えております。

その中のツールの一つが動画広告です。
今やテレビC Mだけでなく、S N Sを使った動画広告なども日常で多く見かける機会が増えているように、
動画の需要は増加しております。

また、対面でなくても動画であれば伝えたいことや価値を代弁してくれるため、
コロナ化でも企業様の商品・サービスをお客様に伝えられる広告手法だと思います。

もし今からあなたが動画を制作するとしたら、
せっかく作るならお客様にもより見てもらいやすい動画を作成したいですよね。

本日は実際にサイトの滞在時間や資料請求数が増加した事例
より多くの方に見てもらえる動画作成のヒントをご紹介いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<パラパラ漫画ムービーで擬似体験広告!>

弊社では専属のストーリープランナーが企業様にヒアリングをさせていただき、
企業様の伝えたいことだけでなく、ターゲットの課題やニーズを顕在化させてから
登場人物やストーリーの設定をしていくため、
消費者が見た時にストーリーに感情移入しやすい内容となっております。

また、感情移入しやすいイラストで描くことで
消費者の代わりに登場人物が商品・サービスを利用し、課題解決をした際に
利用時のイメージがしやすいと同時に、成功した未来を擬似体験できるのです。

実際にサービスのPRとしてご利用いただいた、
阪急不動産様の事例で、SUUMOのHPに掲載いただいております。

今回のクライアント様は、視聴者の方に

  • 暮らしの幅が広がること
  • 1年中楽しみながら生活できる

という2点の価値を伝えたいという想いがございました。

また、こちらの動画をご覧いただいた方に
素直に「お庭のある暮らしが素敵だな」と思って欲しいという
想いがあったそうです。

そのため、弊社のストーリープランナーとご担当者様とで入念に打合せをさせていただき、
ストーリーには物件のチラシなどをみて住みたいと思う様子ではなく、
誰かのためを想ってお庭のある暮らしを選ぶようなストーリーにいたしました。

そうすることで宣伝色は少なく、また大切な人のことを想うストーリーにしたため
みている方に刺さりやすいストーリーに仕上げることができました

また、今回登場人物やストーリーを変えて2本の動画を作成させていただきました。
その背景として年代層によってお庭の使い方や楽しみ方が違ってくるため
それぞれのターゲットに合わせた作品に仕上げました。

またご納品後、実際に動画を掲載したところ
ブログの滞在時間は15%アップ!資料請求数も1.2倍に増えたそうです!

このように企業様の伝えたい価値をどのようにすれば伝えられるか、
また実際に商品・サービスを利用する消費者の方はどんなストーリーを求めているのか
ということをすり合わせ、打合せをさせていただくことで
求め合う広告=見てもらいやすく、受け入れやすい動画にすることができるのです。

事例動画フルバージョンはこちらから↓

<ファミリー編>

 

 

<シニア編>

以上がお客様にも見てもらいやすい動画を制作するためのヒントになります。

その他、詳しい事例を記載した資料は下記よりダウンロードできます。

関連記事

  1. 【認知拡大!】ターゲットの心を動かす動画作り

  2. 企業の周年イベントでパラパラ漫画を活用した動画制作

  3. 【視聴維持率U P!】「思わず見てしまう動画」とは?

  4. 【エントリー数増加!】パラパラ漫画ムービーで制作!採用動画の効果

  5. 企業からの一方通行のPRは響かない!「商品とお客さまの思い出」をストーリーにする魅力とは?

  6. 【採用担当必見!】3度目の正直!失敗しないオススメの採用動画の作り方!