【PR担当者向け】宣伝色がなくお客さまの共感を生むコンテンツの秘密とは?

インターネットが普及した現代。
情報が溢れすぎていて、自社で動画コンテンツを作成しSNSで公開したり、
ネット広告を出したりしても「お客さまに見てもらえない、反応が全くない」
と、いった課題をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ただでさえ情報疲れをしている消費者は、企業からのプロモーションにはとても敏感。
そのため、自社の商品やサービスをPRする際は「宣伝」と感じさせない工夫が必要となってきます!

ここでご紹介したいのが、宣伝色がない『パラパラ漫画ムービー』
この表現手法を使えば、お客さまに宣伝と感じさせずに、商品やサービスの魅力を伝えることができます。

では、なぜパラパラ漫画ムービーは宣伝色がないのか?
実際にどのような効果があるのか?
一つひとつ、お伝えしていきます!

【目次】
ポイント①  好奇心を刺激する「ストーリー」
ポイント②  相続力を掻き立て、共感を生むコンテンツ
まとめ

ポイント①  好奇心を刺激する「ストーリー」

パラパラ漫画ムービーは、商品やサービスの魅力をストーリーにして伝えています。
物語の展開が見る人の好奇心を刺激するため、「興味を持ち最後まで見てもらいやすい」
と、いう特徴があります! 

これまで制作してきた中では、平均動画視聴維持率が40%であるYoutube広告にて、
30万回以上再生されているのに、視聴維持率90%を超えた事例も!
まるで1本の短編映画を見るかのように、最後まで物語の展開に興味をもち、見ていただけたことがわかります。

【事例動画フルバージョンはこちら】

情報をただ一方的に伝えているだけでは、受け手は鬱陶しく感じてしまいますが、
ストーリーにすることで、記憶にも留めてもらいやすくなります。

ポイント②  想像力を掻き立て、共感を生むコンテンツ

パラパラ漫画ムービーは、余計な情報が削ぎ落とされていて、とてもシンプルなため見る人の想像力を掻き立てます
それに加え、専属のストーリープランナーが、商品やサービスのターゲットを物語の主人公に設定していることが多いため、
ターゲット層の方達は特に、自分と似ている主人公に「自己投影しやすい」という特徴があります。
ストーリーと受け手自身の経験をリンクさせることで、
感情を動かすことができます。

以前制作した「母親」をテーマに、母の日に想いを伝える大切さを表現した
こちらの動画ですが、クライアント様の公式Twitterで投稿したところ、
公開1ヶ月でリツイートが3800回以上、動画再生回数は12万回超えを達成!
「母を想いやる気持ち」に、多くの方からの共感を得ました。

【事例動画フルバージョンはこちら】

そして、Twitterで投稿した動画を見た方々から、
「感動した」というお声や、ご自身の母親との思い出エピソードなどが書かれた
コメントと引用リツイートが、約300件も寄せられました!

お客さまの心を掴むコンテンツを作成できれば、共感をよび「お客さま発信の投稿」が自然と増えていきます。
結果的に、商品やサービスの魅力を、より多くの方に伝えていくことができます。


【実際にTwitterに寄せられたコメント】

まとめ

情報だけを伝える企業からの一方通行の「宣伝」では、お客さまの心を惹きつけることは、難しいです。
これからは、お客さまに楽しんでもらえるには? 自分ごととして考えてもらうには?
と、いう観点を踏まえて、アプローチしてみませんか?

パラパラ漫画ムービーに少しでも興味がある方は、
商品PRにおいてパラパラ漫画ムービーがもたらす効果についてまとめた資料を
こちらからダウンロードできますので、ぜひ、ご覧ください。

 

関連記事

  1. 自治体のプロモーション動画

  2. 【視聴維持率U P!】「思わず見てしまう動画」とは?

  3. 【SNSで口コミが広がる!】 お客様発信から生まれるコンテンツの秘訣とは!?

  4. 【事例紹介】パラパラ漫画で認知拡大 3日でシェア200件のバズ動画

  5. 【新商品のプロモーションにも!】パラパラ漫画ムービーでオケージョンの想起

  6. 【プロモーション効果抜群!】パラパラ漫画ムービーの活用方法