【視聴維持率U P!】「思わず見てしまう動画」とは?

 

皆様、こんにちは!
アトムストーリー の新井です。

昨年からコロナウイルスの影響で
対面での営業が厳しくなった事や、店頭での集客が難しくなった事は
皆様も実感されているかと思います。

この状況下でどうにか良い宣伝方法はないかと
模索されているかと思いますが、
その中で注目されているのは動画広告です。

私も以前出展させていただきました展示会で
多くの方から「新しい施策を考えている」「動画作成に力を入れようと思っている」
というお話をたくさん耳に致しました。

ただ、作成の前段階で「見てもらいやすい動画の作り方がわからない」という課題や、
いざ動画を作ってみたは良いけれど、
「動画が最後まで見てもらえず、サービスの魅力を伝えきれていない」
いった課題も多くあると思います。

あなたが作成した動画、単なる説明動画になっていませんか?

上記の課題をお持ちの方、この質問を受けてドキッとされた方は
この先をぜひご覧ください。
もしかしたら現状を打破するヒントが隠されているかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<視聴維持率90%越え!「思わず見てしまう動画」とは?>

先日弊社で作成をさせていただいた動画。
YouTube広告に掲載をさせていただいたところ、
その視聴率はなんと30万回以上再生されている動画で90%以上でした。

皆様もYouTubeを見ている時、一度は途中で入る広告を目にして
飛ばした経験がおありかと思います。

ではなぜ、飛ばされがちで視聴維持率は平均40%ほどと言われているYouTube広告で、
ここまでの視聴維持率を出せたのでしょうか?

Point 興味を惹きつけるパラパラ漫画!

まず動画を見てもらうには、興味・関心をいかに引きつけられるかが重要です。
動画広告が溢れかえり、見慣れてしまった現代の人たちに見てもらうためには
商品を全面的に打ち出す広告より一つのコンテンツとして単純に楽しんでもらえるものが好まれます。

手描き感の強い、温かみのあるタッチのパラパラ漫画ムービーは
実写やアニメーションの動画よりも珍しく、興味・関心を惹きつけやすいのです。

Point 消費者のハートを掴む!ストーリーの作成

もちろんパラパラ漫画ムービーというだけでも珍しく見てもらいやすい動画ではあると思いますが、
それだけでは動画を最後まで見てもらうのは難しいでしょう。

興味・関心を惹きつけた後には、その動画を最後まで見てもらうために
視聴者のハートをグッと掴まなければなりません。

弊社ではそのハートを掴むために「ストーリー」という部分に力を入れ、
制作を行なっております。

弊社専属のストーリープランナー(脚本家)が下記独自のチャートを使用して
企業様の伝えたい価値と、消費者のニーズ・課題をすり合わせして
ストーリーを制作するので、出来上がった動画の登場人物の悩みや課題は、
まるで消費者の気持ちを代弁したかのような内容になります。

また、商品を全面的に押し出す広告ではないので、宣伝色が薄く受け入れやすい内容です。

そして、その動画をご覧いただいた消費者の方は、自分と重ね合わせて
商品やサービスの価値を疑似体験する事ができ、本当の意味で価値を理解しやすくなるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上が視聴維持率アップのための秘訣です。

実際に本日ご紹介させていただきました
ハイポネックス様の事例とご担当者様のお声は下記のリンクからご覧いただけます。

事例動画

ご担当者様のお声

皆様にとってこの記事が、少しでも現状を打破する
ヒントになっていれば幸いです。

弊社では無料でのご相談・お見積もりも承っております。
パラパラ漫画ムービーの制作だけでなく、マーケティング視点でのお話や
動画広告の運用ついてもご相談を承っておりますので、
ご興味をお持ちの方はお気軽に下記のバナーからご相談くださいませ。

関連記事

  1. パラパラ漫画の制作会社として伝えたい「パラパラ漫画の魅力」とは?

  2. 【薬機法でPRにお悩みの方必見!】 表現を妥協せずに、商品の魅力を最大限PRするには?

  3. 【擬似体験動画とは?】お客様に見てもらいやすい動画コンテンツのヒント大公開!

  4. パラパラ漫画で制作する採用動画

  5. 【超重要!!】ファネルに沿ったマーケティングとは?

  6. 【事例紹介】パラパラ漫画で認知拡大 3日でシェア200件のバズ動画